【復縁エピソード】失恋から立ち直るも彼女の裏切り〜他好き宣言〜

【復縁エピソード】失恋から立ち直るも彼女の裏切り〜他好き宣言〜

愛との本格的な付き合いが、始まります。

 

 

 

どこにでもあるような幸せ。
それでも、瑠璃と別れて以来、ようやく味わうことができた
心の底からの、幸せな時間でした。

 

安息のひと時を、過ごすことになります。

 

 

 

 

愛とも、色々出かけました。

 

沖縄旅行も行きました。
ディズニーシーにも行きましたし、海にも、花火大会にも、
あなたが、恋人としてきたような、特別ではないけれども
かけがえのない時間を、愛と過ごしていきます。

 

そんな幸せな日々。
あっという間に、3年が経った頃、、、

 

 

私は、大学を卒業して、社会人になっていました。

 

 

 

ですが、一度は就職をしたものの、公務員になる夢が
諦められなかった私は、仕事を辞めて、勉強に励みます。

 

そんな姿を、応援してくれていたのは、
やっぱり、愛でした。

 

実家暮らしでしたが、当面の生活費は、社内人時代に
貯めておいた、貯金を切り崩しながらの、凌いでいました。

 

当然、お金の問題、勉強時間の問題などもあって、
以前ほど、頻繁には遊びには出かけられません。

 

 

ですが、愛は、それでも、文句ひとつ言わずに、
支えてくれました。

 

 

 

 

その甲斐あって、筆記試験は合格。

 

あとは、面接をクリアするだけです。

 

 

 

しかし、この頃になって、愛の様子が
少し、おかしくなっていたのです。

 

 

 

そして、筆記試験の合格と同時に、愛はこう私に話し出したのです。

 

 

「ちょっと、話があるんだけど・・・。」

 

 

はじめは、何のサプライズかと思いましたが、
表情が、いつもの愛とは違います。

 

 

 

 

そして、凄く言いづらそうに、話し出したのです。

 

「今ね、気になる人ができたんだ・・・。

 

だから、少し距離を置けないかな・・・。」

 

 

私は耳を疑いました。

 

まさか、あれだけ応援してくれていた愛が、
気になる人ができた?

 

信じられませんでした。
ですが、愛の顔は真剣なのものです。

 

 

今にも泣き出しそうな、辛そうな顔。

 

申し訳なさそうな顔に、事の重大さを感じ取りました。

 

 

 

 

そして、動揺を隠しきれない私は、あろうことか、
聞かなければいいものを、根掘り葉掘り、聞いてしまいます。

 

女友達と遊んでいた時に、たまたま、男友達が合流した。
何度か、みんなで遊ぶうちに、はじめは、何とも思っていなかったけど、
その中の1人が、気になって来てしまった。

 

そして、その想いが抑えられなくなってきた。

 

公務員試験が落ち着くまでは、言えないと思った。
だから、筆記試験が終わった今、打ち明けた。

 

そんなところだ。

 

 

 

 

 

彼氏、彼女に裏切られた人はわかると思います。

 

この手の話をされた時の感情は、複雑なものがあるのです。

 

 

 

 

今でもその光景、シチュエーションは覚えています。

 

ちょうど、家を建て替えていたので、
アパートへ引っ越した頃でした。

 

家具の配置から、部屋の薄暗さまで覚えています。

 

夕日が涼む時間帯。
電気を付ける気力もなく、うす暗い部屋で、
愛に、色々、問いただした記憶。

 

 

 

 

そして、大好きな恋人に裏切られた、悲しみと怒り、
でも、別れたくない、恋人への依存心。

 

復縁希望者の多くは、この怒りと愛情の狭間で
もがき苦しむことになるのです。

 

 

 

 

もちろん、私も例外ではありませんでした。

 

 

ありったけの文句。
ありったけの愛情。
ありったけの未練。

 

 

自分でも、愛とやり直したいのか、
愛を傷つけたいのか、愛情と怒りが混ざって、
何が言いたいのか、分かりませんでした。

 

当然、愛の表情は曇るばかり。

 

 

その結果、、、

 

私たちは別れを迎えることになるのです。


このページの先頭へ戻る