【復縁体験】彼女の元カレは少年院!ある事故から別れ話、失恋へ…。

【復縁体験】彼女の元カレは少年院!別れ話から失恋へ…。

その事件は、突然起こりました。

 

 

あれだけ幸せだった、瑠璃との生活を、ぶち壊す、
誰も責めることができない、悲しい事件…。

 

 

瑠璃には、高校時代に付き合っていた、彼氏がいました。
その彼氏とは、付き合っては別れて、また付き合っては、
別れてを、繰り返す関係だったようです。

 

その彼氏は、結構、やんちゃな人らしく、
少年院にも、何度かお世話になっている人でした。

 

ですが、そのことは、瑠璃と付き合う前から知っていました。

 

 

 

 

瑠璃は、私と付き合う以前から、何度も復縁を迫られていました。

 

いつもでしたら、復縁をしているのですが、
私との付き合いは、瑠璃の中でも、特別だったようで、
その申し出を、断っていたのです。

 

 

私自身も、瑠璃との関係は、誰にも邪魔はできない自信が
ありましたし、それほど、愛し合っていたと思います。

 

しかし、その自信は、この事件によって、
簡単に崩されてしまうのです。

 

 

 

 

元彼の事故…。

 

 

 

バイクでの、事故だったそうです。

 

 

 

瑠璃からの、早朝の電話。
私は眠い目をこすりながら、電話に出ます。

 

その電話では、友達が事故に遭った。
それしか告げられませんでした。

 

 

 

 

そして、最悪の結果。

 

 

 

元彼は、即死だったそうです。

 

 

 

 

その電話以来、瑠璃との連絡は途絶えます。

 

元彼と瑠璃は仲が良かったようで、瑠璃は元カレの
お母さんのところに、通い詰めていたのです。

 

ですが、そんなことなど知らされていない私は、
何度も、瑠璃に電話やメールをします。

 

ですが、一向に連絡が取れないまま、
2週間が過ぎようとしていたのです。

 

 

 

何が起こったのか?
友達の事故で、こんなに連絡が取れなくなるものか?
何で、電話してこないんだろう?

 

私の中で、不安が膨れ上がります。
ですが、瑠璃からは何の連絡も来ません。

 

 

 

そして、ようやく、掛かってきた電話で、
事故に遭ったのが、元カレだったことを知ります。

 

今でも覚えています。

 

あれだけ元気だった瑠璃が、か細い声で、電話をしてきたことを。

 

 

 

「久しぶり、連絡できなくてごめんね・・・。

 

実は、事故にあったのは、友達じゃなくて、元彼なの・・・。」

 

 

 

私は何も言えませんでした。

 

・今まで、何をやってたんだよ!
・俺のこと、ほっとくな!
・どれだけ、心配したと思ってんだよ!

 

連絡が付いたら、言ってやろうと思っていた言葉は、
まったく、出てきませんでした。

 

電話から聞こえてくる、瑠璃の声は、
私が知っている、瑠璃の声ではなかったのです。

 

 

 

この声を聞いて、瑠璃を支えてあげなくては…。
そう決意するのですが、この事故を境に、
瑠璃の愛情は、私には向けられなくなります。

 

 

亡くなった元彼へ、向けられるようになるのです。

 

 

 

この日から、私の地獄の生活が待っていました。

 

瑠璃を支えていきたい。
そう思いましたが、私と会っていても、元カレのお母さんから
電話が掛かってくると、瑠璃は会いに行ってしまいます。

 

元彼の面影を追うように、元カレと縁が深い人との
繋がりを大事にしていくようになるのです。

 

 

元彼と接点のない私の、優先順位は下です。

 

 

 

瑠璃を支えたい。
でも、そこには瑠璃はいない。
そして、愛情は私に向けられていない。

 

 

この状況に、もがき苦しむのです。

 

 

 

ですが、そんな状況でも、何とか
打開しなくてはいけない。

 

そう思った私は、瑠璃との思い出が詰まった、ディズニーランドへ
瑠璃を誘うことにいます。

 

もちろん、そんな気持ちになれないと、
断られますが、私の必死の思いを感じたのか、
行くことに、同意してくれたのです。

 

 

私は喜びました。

 

 

このディズニーランドで、
自分への愛情を取り戻してくれるかもしれない…。

 

そう思い、最後の望みをディズニーに懸けたのです。

 

 

 

しかし、人生は厳しものです。

 

当日は土砂降りの雨。

 

 

 

私は自分の運命を呪いました。
これほど、雨を恨んだ日はありません。

 

 

完全に心が折れた瞬間でした。

 

 

これをきっかけに、ボロボロになっていく私。

 

それを見ていられない、瑠璃。

 

二人の別れが近づいて来ます。

 

 

そして、瑠璃の口から、別れの言葉を聞くことになるのです。

 

 

 

 

別れの時の瑠璃の言葉です↓

 

「もしかしたら、私は同時に2人の大事な人を無くすかもしれない。

 

でも、今はこうするしか、しょうがないんだよ。」

 

 

 

 

大好きだった、瑠璃との恋が終わった瞬間でした。

 

 

 

 

瑠璃がいない人生なんて…。
そう思う日もありました。

 

元彼を恨む日もありました。

 

でも、憎む相手が、この世にいない…。
これがどれほど辛いものか…。

 

経験した人しか、分からないでしょう。

 

 

 

ないも悪いことはしていない。
瑠璃だけを愛し、瑠璃と一緒にいたかった。
ただ、それだけなのに…。

 

それが私の幸せだったのに…。
その幸せが、もう手の届かないところに行ってしまった。
ある日、朝起きたら、無くなっていた。

 

 

 

その現実が受け入れられなくて、
何度も、瑠璃に復縁を申し出ました。

 

でも、瑠璃の心は元カレに向けられています。

 

身も心も、ボロボロになった私は、
瑠璃との思い出の中で生きていくのでした。


このページの先頭へ戻る